当前位置: ref='/730i/'>潮流服饰网 > 夏服

エンフォルド 2016年春夏コレクション - 未完成を“完成”と謳う服

时间:2016-10-19 12:17来源: 作者: 点击:
エンフォルド(ENF?LD) が、2016年春夏コレクションを発表。ミニマルなデザインが定番の本ブランドが今シーズンのヒ

エンフォルド 2016年春夏コレクション - 未完成を“完成”と謳う服

エンフォルド(ENFÖLD) が、2016年春夏コレクションを発表。ミニマルなデザインが定番の本ブランドが今シーズンのヒロインとして採用したのは、シンプルとはかけ離れた個性的なワードローブだ。

 

ジャケットやシャツ、スカートに施されたユニークな構造は、作業台の上に置かれたガーメンツや立体裁断中のテキスタイルを想起させる。仕付け糸のように大きく縁取ったステッチ、綿入りの肩パットをそのままそぎ落としたようなショルダー、切りっぱなしの生地などのディテールもそうだ。どうしたら素敵な服が完成するだろう…デザイナー?賀久の制作過程における試行錯誤はそのままデザインとして落とし込まれた。

未完成を完成と謳う服とは対照的に、完成形を余分なまでに合体させたものも。一見アシンメトリーにドレープを効かせたようにも見えるシャツは、2枚のTシャツを縫い合わせた仕様で、どちらにも袖を通すことができる。また、「宙に浮く服を作ってみたかった」という賀久の発想から生まれたカットワンピースは、黒地のカットソーの胸元に白いシャツをそのまま貼り付けている。そして、暗闇に紛れれば、彼女の思惑通り衣服が浮遊しているような錯覚を起こす。

 

そんな混沌としたスタイルだけでなく、定番ともいえるプレーンなコーディネートも披露されている。しなやかなドレープが効いたセットアップは、洗練されたエレガンスを持ち合わせたワンカラーのスタイリング。時にはインパクトのあるアクセサリーでコーディネートに変化をつけて、無地のキャンパスを彩る。

“最後の仕上げは着る人の個性”とでもいうような洋服を提案する今シーズン。そこからは、今後のデザインの可能性が感じられた。

(责任编辑:admin)
------分隔线----------------------------
推荐内容